ディレクトリの操作

ディレクトリの作成

ディレクトリを作成するには、import osを使います。

makdir

#coding: utf-8
import os
os.mkdir("sample")
これで、pythonを実行しているファイルと同じ階層にsampleというフォルダができます。
同じプログラムを実行すると、すでにありますと怒られてしまいます。 これを回避するには、try と except 構文を使うのが良いでしょう。 ##

エラー回避の仕方

error回避

#coding: utf-8
import os
try:
   os.mkdir("sample")
except:
   print("すでに作成済みです")
これを応用すれば、新しいフォルダをinput() で次々と作成していき、すでにある場合は教えてくれるプログラムを書くことができます。

連続でフォルダ作成

#coding: utf-8
try:
   new=input("フォルダ名:")
   os.mkdir(new)
except:
   print("すでに同じ名前のフォルダが存在します。")

おまけ

さらに、すでに同じ名前のフォルダが存在します。と怒られた場合にフォルダ名を入力し直すwhile文も作っちゃいましょう。

おまけ

#coding: utf-8
while True:
    try:
        new=input("フォルダ名:")
        os.mkdir(new)
        yn=input('続けてフォルダを作成しますか?(y/n):')
        if yn == "n":
            break
        else:
            continue
    except:
        print("すでに同じ名前のフォルダが存在します。")
        continue

このようにしてあげれば、次々と新しいフォルダを作成しながら、エラーを回避することができるようになります。