【レベル2】フィボナッチ数列を羅列させる

練習問題2> フィボナッチ数列をリスト化するプログラムを書きなさい。 問題を解くのに必要な知識2> w> ad()> 解説2> フィボナッチ数列自体を表現することは難しくありません。 まず、df関数で定義を行い結果を出すリストを作成します。 df関数は特別使う必要はありませんが、を様々な数字で検証したいときに便利です。 dffb(): rsu[] 次に、初項と第二項を指定してあげます。でないと、A1AA-1が成り立ちません。 a0 b1 あとは、w文で条件を整えます。ここが一番頭を使うところです。 wb&;: #で指定した数字まで以下を繰り返す rsuad(b)#bをリストに加える a,bb,ab#ab,babと同義 rurrsu#リストを返します これで、フィボナッチ数列は完成です。 解答2> dffb(): rsu[] a,b0,1 wb&;: rsuad(b) a,bb,ab rurrsu fb(100) とすれば、 [1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89] が返ってきます。