リストの書き方と抽出方法

ここで学ぶこと

リストの書き方と抽出方法

リスト

文字列や数字といった変数を並べたリストのこをさします。
%s
といった具合に記述します。 ためしにこれらを書き出してみましょう。
%s
[python title="実行結果"]["pen","apple","pineapple","pencil"] と、単純に表示されるだけです。

リスト内の要素を抽出

例えば、リスト内の[apple]だけを書き出したい場合、このように書きます。
%s
[python title="実行結果"]apple 無事表示されました。 あれ? 2番目なのに、[1] なの?
リストの順番のカウントは、0から始まります。 1番目=0 2番目=1 3番目=2・・・ といった具合になるので注意しましょう。

リスト内の範囲を抽出

例えば、リスト内の2番目から4番目までを書き出したい時、このように記述します。
%s
[python title="実行結果"]['pen', 'apple', 'pineapple', 'pencil'] あれ?!リストのカウントは0からじゃなかったの? なぜ末尾を4として4番目が出てくるのでしょうか。
list[n:m]は、n+1番目からm番目の要素が抽出されます。

リストの要素の個数をカウントする

例えば、そのリストにそもそも幾つの要素があるのか数えたい場合、len() 関数を使います。 [python title="Python"]list = ["pen","apple","pineapple","pencil"] len(list) [python title="実行結果"]4

リストに要素を加える

append() を使うことによって、リフトの末尾に要素を付け足すことが可能です。 [python title="Python"]list = ["pen","apple","pineapple","pencil"] list.append("PPAP") print(list) [python title="実行結果"]["pen","apple","pineapple","pencil","PPAP"] だいたいこんな感じで使います。

練習問題

["a","b","c","d","e","f"] のリストから、リストの要素数を割り出し、c,d,eを抽出しなさい。

解答

[python title="Python"]list = ["a","b","c","d","e","f"] len(list) print(list[2:5])
[python title="実行結果"]['c', 'd', 'e']

投稿者:

hitoribucho

Pythonistaはじめました。プログラミングによって自分の世界は考えるよりもずっっっと広がります。人のアウトプットの遅さはどうにもならない。そんな感じで毎日映画観てます。 ひとり映画鑑賞 ひとりガジェット速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です